未分類 @ 19 10月 2012, “No Comments”

家出という表現は思春期の世代にだけ使用するだけでなく成人した大人が家出した場合にも使用する事が可能だ。
だが家出をする理由や深刻さは違ってくるだろう。
最近は些細な事で家出をし数日で家に帰って来るプチ家出というものもある。
若者の家出は時に犯罪に巻き込まれてしまう恐れがあるという事も考えておいた方が良いだろう。

成人した大人が家出をしたくなる衝動に駆られる時はやはり職場でのストレスだろう。
特に上司と反りが合わない・考え方が合わない・仕事に取り組む理念が賛同できない。
など上司との対人関係に悩み家出を選択してしまう人が多い。
今を生きる現代人はストレス社会の中で生きている。
それは思春期の若者や大人も関係ない。
家出を迂闊にする事は危険な行為なので推奨はしないが
みんな現実から逃げたくて今を生き抜いて生活をしている。

家出をして今の現実が変われば何も苦労はしない。
付いて行きたくない上司が職場にいても学校や家族と衝突があったとしても
自分と合わない人間がいるのが社会で私達が生きている今なのだ。
自分と合わない人間は自分の中から排除し割りきって生活を送る。

尊敬できない人間に自分から歩み寄る事はないし自分が今しなければならない事をすればいいだけ。
そう考えるだけで少しは家出をしたい衝動も収まるのではないだろうか。

未分類 @ 10 10月 2012, “No Comments”

家出をするということは、自分の成長でもあり、周りの環境へのありがたみというものを実感出来るというちょっとした勉強もあるのです。
家出をすれば、親は誰だって心配もしますし、怒りも込み上げてくるでしょう。

しかし、これは子供の成長の証しというように捉えることも出来るのです。
子供もいずれは自分のような大人になっていきます。
そこで必要となってくるのが「独立」ということです。
この家出で独立をする辛さというものが子供にとっていい勉強になるのです。
学生であれば、まだお金を稼ぐということを知らない子が多いでしょうから、家出をすれば、やっぱり食事面でのお金が必要となってきます。

親子ゲンカをして、突発的に家を出てしまった子供というのはここで親のありがたみというものを実感するのです。
親に反発する時期というのもありますが、しっかりとこのようなありがたいという気持ちというものも必ず実感していますので、大人になるに向けての勉強になったわけだということです。

こういった考えを持つことで、家出に対する考えというものも変わってくるでしょう。
しかし、子供が家を出るという行為は危険なことには変わりありませんので、しっかりと教育はしましょう。

未分類 @ 09 10月 2012, “No Comments”

歴史的に言えば、尖閣や小笠原の無人島なんか、放ったらかしだったんですよ。
領土と領海12海里だけの時代は、あんな使えない岩礁など、どーでもよかったのです。
それが200海里排他的経済水域が国際的に認められるようになり、海底を掘削する技術を、当事者国が持つことができるまで当事者国が豊かに発展した。

だから、海底資源のぶんどり合戦が起こったのです。
いくら資源があることがわかっていてもそれを回収する技術がなければ、その資源などないと同じだ。
だから問題にすることもなかったから、棚上げでよかったのです。
あんな岩礁など、歴史上どこのだれも実効支配などしていません。

人が住んでいない海の中の岩礁の帰属問題など、その岩礁が海峡の通行権に関係しない限り、どーでもよかったのです。
歯舞色丹は、ソ連のオホーツクから太平洋にでる不凍海峡の確保という問題が絡みます。
200海里排他的経済水域1967年の第二次国連海洋法会議でマルタ共和国の国連大使パルドー博士が提唱し、1982年のジャマイカのモンテゴベイの第3次国際連合海洋法会議で作成され国連総会で採択された条約で、1994年11月16日に発効した。

日本は1983年に署名し1996年に94番目の批准国となった平成8年7月12日条約第6号。
これが採択された1982年までは、尖閣の問題などあり得なかった。
当然、200海里排他的経済水域など、1972年の日中国交回復より新しい決まり事です。
法の遡及無効原則は、まぁ各国共通であり、200海里排他的経済水域よりも日中平和条約の棚上げ規定が優先されるのは法治の原則から言っても、当然と言わざるを得ません。

未分類 @ 04 10月 2012, “No Comments”

あまりお金をかけずにリアルなセックスをしたいと考えている人にお勧めなのが、家出少女です。
援助交際だと一度に数万円払わないといけないため、経済的に大変ですよね。
風俗だと少しお安くなりますが、基本的に本番行為・セックスは禁止です。家出少女は食事と家に泊めてあげるだけで良いので、食事代と多少の高熱費だけで非常に経済的に優しく済みます。

そんな家出少女と会うには携帯電話やスマフォを利用して出会い系やコミュニティサイトを利用しましょう。
家出少女は携帯世代と言われるような若い女性が多い為、見つけやすいです。
特に掲示板サイトではリアルタイムで書き込みが行われる為、すぐに会いたいと思っている少女も多いです。

出会い系などを利用して時間が経つとやる気をなくす少女もいますが、掲示板サイトだと気持ちが揺るがないうちに会うことが出来るので、実際に出会える確率はより高まります。
ただ、年齢や金銭の授受に関しては注意しましょう。
18歳未満や金銭の授受である場合、何もしなかったとしても少女が警察から補導などを受けた時に、自分にまで調べが及び疑いを掛けられるかもしれません。
セックスを期待して家出少女を家に泊めるのは良いですが、自然にそのような状況になるようにしましょう。

俺みたいなゲイだとどうしても出会いがありません。
よく一般のノンケの人が出会いがないとかって言ってますが、ゲイの方がどう考えても出会いがないですから。絶対数を考えてもみて下さい。
ノンケの人達なんて街中を歩く全ての異性がいわば恋愛対象でしょ?ふざけるなってってんですよ全く。
俺なんかは出会いにインターネットを使っています。

色々と試行錯誤をしてみたけど、結局のところインターネットで出会いを求めることこそが一番効率的だということに気付きました。
時間の無駄を最小限まで省くことが出来ますしね。
一つ、欠点としては写メールの交換くらいでしょうか。
インターネットでの出会いはメールから始まることがほとんどなので写メール交換はほぼ必須項目となってくるのですが、これが俺は怖い。

基本的には交互に写メールを送るのですが、俺が渾身の想いを込めて撮ったベストショットを送信したのを機に返信がなくなることがたまにあるのです。
こればっかりは仕方がないことなのかもしれませんが、精神的に来ますね。
もっと詐欺写メの技術を磨かなければならないと思う今日この頃。
写メを盛り過ぎると実際に会う時にハードルが上がるから辞めておけといった意見も聞きますが、実際に会えるという段階までこぎつけられれば充分だと思います。

最近子供が絡んだ事件が増えてきている。
昔は平気で外で遊んでいましたが、今ではお昼に外で遊ぶということもかなり危険と言われてきている。
そこまで小さい子の事件というものも多いかも知れないが、やっぱり中学高校の生徒の事件というものが多い。
家庭問題、いじめ、などの問題がいまニュースにでも取り上げられている。

そういった子が必ず考えるのが、家出や自殺といったこと。
自分の苦しみをわかってくれない、周りが信用出来ないといったときにその考えに辿りつく。
楽になりたい・・・。
という言葉を求めている子供たちが増えてきている。
家出という行為で留められるのであればまだ大丈夫かもしれませんが、それでも自分の悩みを解消されないのが現状。家出をしても一時的な開放感しか味わえず、しばらく経つと、また苦しい思いが込み上げてくる。

そのような子供たちは、客観的に見れば自分は全く悪くないのに、自分ではかなり追い込まれてしまっている。
やっぱり周りの環境がそうさせているのだ。
学校であれば、周りの生徒や先生といった人物。家庭内であれば親の態度や行動で子供を追い詰めている。
いまいじめ問題というものがかなり全国的に見直されつつある。
このままいい方向へ行ってくれるといいのですが・・・。